美顔器で手に入れるキメ細かな肌

美顔器にはシワ取り、たるみ防止、美白などさまざまな役割があります。種類も豊富で、超音波、イオン導入、ローラー、レーザー、スチームなど、本当に多くの製品があります。しかしいくら最新の大人気の美顔器を使用していても、普段からしっかりとしたケアができていなければ意味がありません。決して安くはない美顔器なのですから、スキンケアをしっかりとしてから使用することで美肌効果をさらにアップさせたいですよね。

皮膚の構成

人間の皮膚は表皮・真皮・皮下組織の順で3つの層により構成されています。外からきたもの(チリ・ほこり・空気中の細菌やバイ菌など)は、この皮膚によって体の中に入らないようにされています。表皮の大部分の成分は角質細胞で、この角質細胞のキメの細かさによって美しい肌なのかを判断されています。お肌のきれいな方は、拡大鏡で見るとキメが細かいのだそうです。美顔器を使用する前と使用した後でも大きな違いがあるそうです。

真皮の主な成分はコラーゲンです。コラーゲンは美顔器専用のジェルとしてもよく使用されている美容成分ですね。真皮にはリンパ管や毛細血管があり、血液や養分がいつも循環しています。皮下組織はお肌のクッションといえるところです。外からの力から中の細胞を守っています。古くなった細胞はどんどんとはがれおちて新しい表皮になっていくのです。

イオン美顔器

イオン導入美顔器は、シミやシワ、ニキビ、美白、くすみ、肌荒れなどを整えてくれます。乾燥肌にもばっちり効果があるのでおすすめです。イオン導入美顔器を使用した場合、美容液の浸透力は普通に染み込ませる場合と比べて約28倍なのだそうです。これはものすごい浸透力です。エステなどでプロの方が使用しているのもイオン導入美顔器です。イオン導出という機能に切り替えると、古くなった角質やお肌の奥に詰まった老廃物を除去することもできるのです。

超音波美顔器

超音波美顔器は、お肌のハリやツヤ、たるみ、むくみ、そして小顔にしたい方にオススメのタイプです。しかし超音波の振動によりお肌の奥に働きかけるというものなので、お肌の弱い方や敏感肌の方にはオススメできません。刺激によりお肌がヒリヒリしてしまうという方もいるそうなのでご注意ください。

レーザー美顔器

お肌に出来てしまったシミやくすみ、毛穴の黒ずみを取り除いてあげることでお肌の透明感というのは高まるものです。しかし一度出来てしまったシミなどは、化粧品を使ったところでなかなか取り除けるものではありません。毛穴をきれいにするという商品も今はたくさん出ていますが、お肌に残ってしまっている黒ずみまではケアできないのが現状です。そんなお肌に消しゴムをかけたようにできるのが、レーザー方式の美顔器です。正常な細胞には一切作用せず、黒くなっている細胞にだけ反応してレーザーが当てられます。しつこいシミや黒ずみにはポイントケアをすることで白いきれいなお肌に近づくことができるのです。

Pagetop