ワンセグチューナー

ワンセグチューナーは、2006年末に多くの商品が発売され、注目を集めました。最近では、電波の受信感度を向上させたものやさまざまな機能を追加したタイプなど第二世代のワンセグチューナーが続々と登場しています。

ワンセグチューナーとは?

ワンセグチューナーとは、ケータイやパソコンなどで手軽に見れるデジタルテレビ放送の電波を受信する機器のことです。

日本の地上デジタル放送は、13の区切り(セグメント)に分けて割り当てられていますが、そのうちの1セグメントが携帯電話機器やカーナビゲーションなどの移動体端末向け放送用として割り当てられています。その1セグメント放送の略称が、「ワンセグ」と呼ばれています。

ワンセグチューナー製品

ワンセグチューナーといえば、アイ・オー・データの「SEG CLIP(セグクリップ)」シリーズとバッファローの「ちょいテレ」シリーズが有名です。

アイ・オー・データの「SEG CLIP(セグクリップ)」シリーズは、通常のワンセグでは毎秒15コマの映像ですが、毎秒30コマのフレーム補間をする「なめらかモーション」機能などに代表されるように、電波の受信状況が悪いときなども画面を一時静止し、画像が途切れない工夫がされるなど、映像を楽しむ際の画質などが強みです。

それに対して、バッファローの「ちょいテレ」シリーズは、「お目当てシーン検索」機能を搭載し、キーワードを入力することで、録画した番組内の字幕情報からお目当てのシーンを検索することで、見たいシーンだけピンポイントで見れるようになっています。

他には、ロジテックの「LDT」シリーズは、アンテナを2本搭載して受信機能を強化しているところが特徴です。コンパクトサイズでアンテナは畳み込むだけでなく、不要な場合はどちらとも取り外すことが可能なので邪魔になりません。

Pagetop